センター試験「簿記・会計」の過去の各種データをまとめました!

 センター試験「簿記・会計」の、平成10年度から平成25年度までの16年分の受験者数・平均点・最高点・最低点・標準偏差を一覧表にまとめました。ソート機能を付けましたので、各項目をクリックすることにより自由に並べ替えてご覧いただくことも可能です。

受験者数

 まず受験者数に関してですが、最近は増加傾向にあります。これは、高等学校教科担当委員の意見・評価の前文に書かれているように「推薦入試やAO入試など多様な大学入試制度により進学を希望する者が増加していること」と「センター試験利用入試を導入する私立大学・短期大学が増加していること」の2点が大きな要因になっていると思われます。

 ただ、平成24年度・平成25年度試験については2年連続で前年比マイナスになりました。日商簿記検定の受験者も前年比で大きくマイナスになっているので、短期的にはピークアウトしたのかもしれません。

平均点

 次に平均点に関してですが、平成25年度は過去16年で最低の38.39点でした。。

 「簿記・会計」と同じく、商業高校生向けの「情報関係基礎」の平均点が60点前後で安定的に推移している(ちなみに24年度の平均点は57.32点で、簿記・会計の平均点とは18.93点差)ことを考えますと、問題作成側の配慮が足りないと言わざるを得ません。

標準偏差

 最後に標準偏差に関してですが、ここでいう「標準偏差」とは、受験生の点数の散らばり具合(ばらつき)を表す数字で、数字が小さいほど散らばり具合が少なく、受験生の得点が団子状態になっていることを表し、逆に数字が大きいほど散らばり具合が大きく、受験生の得点の高低がはっきり分かれていることを表します。

平成10年度~平成25年度の試験データ

  • 1,186人(平均受験者数)
  • 50.41点(総平均点)
  • 65.21点(最高平均点・平成13年度)
  • 38.39点(最低平均点・平成25年度)
年度 受験者数 平均点 最高点 最低点 標準偏差
25年度 1,208人 38.39点 90点 4点 15.71
24年度 1,288人 45.64点 100点 4点 18.60
23年度 1,372人 50.94点 98点 6点 18.74
22年度 1,367人 40.77点 96点 0点 16.99
21年度 1,348人 50.07点 100点 0点 19.79
20年度 1,253人 50.11点 98点 0点 16.56
19年度 1,259人 53.38点 100点 0点 18.32
18年度 1,071人 56.64点 100点 8点 18.49
17年度 1,120人 54.92点 98点 10点 18.08
16年度 1,172人 60.25点 100点 2点 18.57
15年度 1,175人 63.88点 100点 12点 16.71
14年度 1,185人 45.77点 100点 0点 20.19
13年度 943人 65.21点 100点 6点 18.81
12年度 1,142人 41.33点 100点 5点 17.92
11年度 1,030人 44.23点 100点 0点 20.81
10年度 1,043人 44.97点 100点 7点 18.79

このページの先頭へ